釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 砂紋8ブレイドでキス爆釣   愛知県 

RSS

砂紋8ブレイドでキス爆釣   愛知県 

2018/05/18

名前
中村 實
釣果
キス  13cm〜19センチ  42匹 (5月15日)
    12cm〜20cm   122匹(5月16日)
釣行場所
愛知県渥美半島 堀切海岸
日時
5月15日 午前8時50分〜午後2時
5月16日 午前7時30分〜午後2時
フィッシングスタイル
投げ釣り
タックルデータ
竿    キススペシャル 405 CX+
リール  トーナメントサーフ Z45
道糸   ゴーセン 砂紋8BRAID 0.8号
     ゴーセン 砂紋8BRAID 0.5号
ちから糸 ゴーセン テクミーテーパーちから糸 0.8〜6号
モトス  ゴーセン スーパーホンテロンGP 1.5号
ハリス  ゴーセン スーパーホンテロGP 0.8号
エサ   イシゴカイ 青イソメ チロリ
オモリ  自製 25号〜27号
ハリ   投げキス 4号.5号等

コメント

5月15日午前6時30分、浜松前浜を釣行予定で友人の竹花さん、杉浦さんと待ち合わせしたが、生憎と前浜は荒れ模様。こうなると比較的水深のある候補地の堀切海岸が頭に浮かんだ。そこは幸いにも前日釣友が好調果をあげている。

杉浦さんと私は一路堀切海岸を目指し、現地到着が午前8時30分。
早速堀切海岸を覗くと荒れ模様でニゴリもある!。折角なので少し西に移動し、ある程度水深のあるポイントに入った。そこはニゴリも解消されていた。
まずは4色半に1投し、丁寧に探ると3色で嬉しい初アタリ!。
遠めはどんなものかと、2投目は5.8色にキャストするも結局アタリの出たのは2.6色の65メートル。
次が2.8色の70メートル。今回のポイントは手前という事が判明したので、ラインを0.4号から0.8号にチェンジし続行。
とにかく当日のポイントは奥行きが狭く、更にアタリが弱く釣りにくい状況。
そんな中でも威力を発揮したのが砂紋8BRAID。5メートル単位にマーキングがあり、細かい釣りや繊細な釣りにはもってこいだ。
同行の友人は距離把握が難しく、かなり苦労していたようだ。結局当日の釣果午後2時終了で42匹。

5月16日、当日はは竹花さんとの釣行。まずは昨日とほぼ同じポイントに入った。
1投めは昨日の事があるので、3.8色に投入。
様子をみると3.2色で初アタリで1匹をキープ!。
竹花さんは初めての場所でも連掛けをしている。
2投めは何とか連掛け成功で、その後は毎投連掛けで推移、最高は7連パーフェクトもあった。 
今回は昨日よりもアタリの出る範囲が広く、アタリも強く魚もかなり濃くなっている。
昼近くなると数も増え、束釣りも視野に入りやる気が増す。
結局午後2時まで粘り、エサ切れで納竿となった。

遠州灘は今年キスが薄く苦慮しているが、これをきっかけに本格化するのを望みたい。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る