釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 砂紋8ブレイドでマコの大物ゲット  宮城県

RSS

砂紋8ブレイドでマコの大物ゲット  宮城県

2018/04/02

名前
菅野 剛
釣果
マコガレイ 47cm、45cm、42cm
ホシガレイ 30cm
釣行場所
佐須港の沖堤防
日時
4月2日(日)
フィッシングスタイル
投げ釣り
タックルデータ
道糸
砂紋8ブレイド 1号〜2号
ドンぺぺ8 2号
力糸
テーパーライン力糸 ナイロン2号〜12号、3号〜12号
テクミー力糸 2〜6号 
竿
がまかつ
スポーツキャスティング35号
シマノ
スピンパワー405 AX
スピンパワーブラック405XX
リール
トーナメントサーフZ45
ベーシア 45
仕掛け
がまかつ
カレイ誘惑ダブル 15号

コメント

さて、4月に入り宮城県もちらほら花見のシーズン到来する季節に産卵後のカレイが沖に出る前に荒喰いをして、体力を蓄えて沖に出る。

牡鹿半島や雄勝方面も、カレイ達は盛んに餌を求めて接岸し、補食をして来るので投げ釣りで狙える漁港廻りを丹念に探って、誘いを掛けて一発大物が狙えるのが、宮城県の海なのです‼️

カレイの種類的には、石ガレイ、マコガレイ、ヌマガレイ、ホシガレイなどです。
特に、マコガレイや石ガレイの数や大きさは、30〜60cmを超えるのも居て、一発大物が狙えます。

釣り場にも、よりますが竿が倒される程のアタリが来て、泳いで逃げようと必死なカレイのアタリは石巻湾や牡鹿、雄勝の特有なのです‼️

4月2日(日)も、荒喰いパターンに狙いを定めて、佐須港の沖堤防に渡り釣行をしました。

この日の潮は、大潮の初日なので朝早くの上げ潮か、下げから上げになる時間帯に合わせて狙って釣る待ち伏せ釣法をしました。
やはり、45cmを超えるマコガレイのアタリはすさまじく、竿が音を立てて引っ張られるアタリが来て47cmのマコをget出来ました。
その後に、ホシガレイの30cmも釣る事が出来て、42cmのマコを釣り上げて、終了しました。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る