釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 砂紋8ブレイドが威力を発揮!  愛知県

RSS

砂紋8ブレイドが威力を発揮!  愛知県

2018/07/29

名前
中村 實
釣果
キス  13.5〜21.5cm  38匹(7月25日)
    13〜22cm      43匹(7月27日) 
釣行場所
愛知県渥美半島 堀切海岸
日時
7月25日  午前7時30分〜10時30分
7月27日  午前8時30分〜13時10分
フィッシングスタイル
投げ釣り
タックルデータ
竿   ダイワ マスタライズキス 405 33号
リール ダイワ トーナメントサーフ Z45
道糸  ゴーセン テクミーテーパー砂紋 0.8〜5号
    ゴーセン  砂紋8ブレイド  0.8号
ちから糸 ゴーセン テクミーテーパーちから糸 0.8〜1号
モトス ゴーセン アクアキングGP 1.2号
ハリス ゴーセン スーパーホンテロンGP 0.8号
ハリ  競技キス 5号
エサ  イシゴカイ  チロリ
オモリ 自製27号 
    宮本式27号

コメント

7月25日愛知県渥美半島堀切海岸に釣行した。
当日のメンバーは、たまたま休日が同じになったメンバーも加わり6人。今回は賑やかな釣りになりそうで楽しみ♪。

早速車2台で現地へ直行すると、堀切海岸には7時過ぎに到着。海を見ると波も無く、コンデションも良さそう。友人のタックルセットを手伝いながら、4色弱に第1投。
2色チョットで最初のアタリ!、それを堪えていると再度ビックなシグナルが入り、我慢出来ずに巻き上げると良型のダブル。
今回のキスは18cmクラスが多く、皆も満足の様子でホッとしたが、暑さだけは半端なく、早めの納竿で無事帰宅となった。

7月27日渥美半島へ再度の釣行。今回は半島の基部も気になる為、五並海岸を目指したが、
生憎台風12号の余波が出ていて高波が打ち寄せている。
ここでの釣りは断念して、七根海岸に立ち寄るがここも波が高い。
先着の友人が居たが、キスからの反応は無いと言う。そこでは2投したがやはりアタリはなく諦めた。
そして最後の頼みの綱ともなるべく、結局向かった先は堀切海岸。
釣友の山田さんもこちらに来ているとの連絡がはいる。
堀切海岸に到着したのが8時30分過ぎで、早速第1投すると2.2色で驚きの5連掛け。
当日の堀切海岸はやや波はあるものの、問題なく釣りが出来た。ただ違う点は2日前と当たるポイントが変わっていた事。アタリの約9割が2.2色。つまり55m限定だった。こうなると威力を発揮するのが 道糸の砂紋8ブレイド
通常のラインだと道糸は1色が25mであるが、8ブレイドは5メートル間隔に黒いマーキングが入っている。しかも5メートル間隔の黒いマーキングは、5m毎に線の数が1本づつ増えている。したがって竿先に集中して距離確認をしなくても、すぐに把握が出来てしまうこと。
繊細なポイント把握には打ってつけである。

今回は途中砂紋8ブレイドに交換したため、効果は絶大であった。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る