釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ CAST-4でアマゴ爆釣  兵庫県

RSS

CAST-4でアマゴ爆釣  兵庫県

2018/06/01

名前
佐藤 幸三
釣果
アマゴ15.0センチ〜25センチ 55匹
釣行場所
兵庫県
日時
2018年4月3日、13日、16日、19日、24日
フィッシングスタイル
ルアーフィッシング
タックルデータ
ロッド カーディフNX S54UL(シマノ)
リール バイオマスターC2000HGS
ルアー dコンタクト (スミス)など
ライン CAST-4 0.5号(ゴーセン)
リーダー ナイロン1.5号(ゴーセン)

コメント

ゴーセンフィールドスタッフの佐藤です。今回は、4月のアマゴ釣行です。

月に5回くらいの釣行しています。源流に限って釣行するのですが、今年は餌釣りの方も多く、竿抜けになる場所を探しては、釣って行くような感じで、ルアーもミノーだけではなく、スプーン、スピナー、バイブレーションなど。
あとラインも昨年はフロロ、ナイロン、PE0.6号でしたが、今年は、PE0.5号でやってます。
釣りは、同じ事がいい意味でも悪い意味でも無いものですが、渓流釣りは、特に固定観念で釣ってると釣果が伸びません。
この間ここでデカイの釣れたとか、数釣れたとか、渓流は、数分、数時間、で様相がガラリと、変わっていきます。
魚もアップだけ反応する時もあれば、アップクロスじゃなきゃ食わなかったり、ダウンクロスだったり、ダウンだったり。しかし何度も、通せない、一発勝負が多い釣りです。
キャスティングは、慎重になるし、ピックアップ寸前まで気が抜けません。4月は天候にも、水質、水量、人為的プレッシャーにも影響されず釣りましたが、先行者の後撃ちになる事も多く、その中で獲っていく方法を見つけたり、また課題もあり、それを具現化したいと思います。源流の魚はとても綺麗で、同じ表情の魚がいないので、凄く楽しいです。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る