釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ ルミナシャインでメバル絶好調  東京都

RSS

ルミナシャインでメバル絶好調  東京都

2018/04/09

名前
林 隆之
釣果
メバル 尺メバルを含め一体どれほど釣ったのか・・・
釣行場所
東京湾
日時
平成30年3月〜4月2日
フィッシングスタイル
メバリング、ライトゲーム
タックルデータ
ロッド:牙突(LEGAME)
リール:LUVIAS2004(DAIWA)
ライン:ルミナシャイン0.4号+フロロファイターROOTS X 1.25号(GOSEN)
ルアー:ジグヘッドリグ ワーム+ラッシュヘッド1.5〜1.8g(odz)

コメント

フィールドスタッフの林です。
本当は3月の釣行をまとめてレポートにしていましたが、前回の釣行があまりにも印象が強かったので、書き直しました!!一言で言うと、今年2匹目の尺メバルをゲット♪

表層を浮いているメバル狙いで、比重の軽いPEラインのCAST−4を使用してテトラ際を丁寧に攻めましたが、ヒットするのは可愛いサイズばかり。
良型のメバルはこの日は沈んでいるのでは?と推測し、風も吹いていたので、PEラインより比重の重いポリエステルラインのルミナシャインに変更。

余談ですが、ボトムといえば海藻や沈みテトラ等様々な障害物があり、瞬間的な力に弱いといわれるポリエステルラインではドラグを出す釣りになるため向かないのでは?と疑問に持たれる方もいらっしゃると思います。
ルミナシャインの特性として、絶妙な伸度があり非常に粘り強いため、ドラグは強めに設定して必要最低限のしかラインを出しません。本当に切れないのか、読んで頂いている方は半信半疑の方もいらっしゃるはず。これからの展開を読んでいただければルミナシャインの特性の一つ「絶妙な伸度」をご理解いただけるかなと思います。

さて、話は戻りまして表層を攻めていたテトラ際をフォールさせると・・・今まで可愛いサイズが嘘だったかのような良型が連発!!!29cmの泣き尺をいったい何匹だしたことか。

岸壁際に差し掛かったころ、ボトム周辺を潮流にのせながらフワフワ誘うと、鈍いアタリが。アワセると重量感と強烈な引き。勿論ここでもドラグは緩めず、強めの設定のまま。ルミナシャインの持つ絶妙な伸度とロッドのパワーを使い、一切不安なく取り込むことができました。姿を現したのは、32cmの今年2匹目の尺メバル。東京湾ではなかなかお目にかかることが出来ないスーパービッグフィッシュ♪

ポリエステルラインでも尺メバルは釣れことが出来ます!!
特にルミナシャインは上記にも記載したとおり絶妙な伸度という特性を持っています。つまりライン自体は非常に粘ってくれるイメージです。そのためドラグは強めに設定してもライン自体がお仕事をしてくれて、一切不安なく尺メバルとも安心してやりとりができます。

PEラインとポリエステルラインとの使い分け、特にルミナシャインを導入することによって、釣りの幅がとても広がりとても楽しいフィッシングライフとなっています。

最盛期を迎えた東京湾のメバル、皆さんも是非楽しんでいただければと思います♪
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る