釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ CAST-4でボートアジング&メバリング完全制覇  東京都

RSS

CAST-4でボートアジング&メバリング完全制覇  東京都

2018/01/10

名前
林 隆之
釣果
メバル・カサゴ  多数
釣行場所
東京湾
日時
平成30年1月7日(日) 18:30〜22:30
フィッシングスタイル
ボートアジング・メバル
タックルデータ
アジ
ロッド:SALTYSTAGEKR-X BaitfinesseCustom SBFC-6102ULS-KR(Abu Garcia)
リール:REVO LT-L(Abu Garcia)
ライン:CAST-4 0.4号(GOSEN)
リーダー:フロロファイターROOTS X 1.25号(GOSEN)
ルアー:ワーム+ジグヘッド0.4g
シンカー:14g

メバル
ロッド:Legacy’SC AIR STINGER 610LS(APIA)
リール:LUVIAS2004(DAIWA)
ライン:CAST-4 0.3号+フロロファイターROOTS X 1.25号(GOSEN)
ルアー:ジグヘッドリグ ワーム+ジグヘッド1.5g

コメント

フィールドスタッフの林です。
今回も友人のアングラーズショップBASEさんの三道さんに船を出してもらい、ボートからのアジ・メバルをターゲットとしたライトゲームに行ってきました♪
今の時期はだいぶアジが薄くなったり、水温低下による低活性の個体が多い。そのためアジの反応が薄ければすぐにメバルにシフトする予定で出船。

ポイントは明暗が絡む潮通しが良いエリア。
まずはバチコンでアジの居るレンジを探します。
ボトムでアタリはあるものの、なんだかイマイチ・・・。
予定どおりメバルにシフト。
この日は風もなく、PEラインのCAST−4からスタート。
風が吹いた時のことを考え、ポリエステルラインのルミナシャインを巻いた替えスプールも持ち込んでました。
さてそのメバルですが、期待と裏腹に反応は微妙な感じ。ポイントを移動しテトラと明暗が絡むシャローエリアへ。ここでも反応はイマイチ。
思い切って船を走らせ、ディープ隣接の一面テトラが積まれている潮通しの良いポイントへ。
メバルが浮くにはまだ時期的に早い気がしたので、ボトムを意識した釣りを展開。ボトム着底後30cm程度巻き取ってまた着底させを繰り返すイメージ。すると、明確なバイト!!重量感のある重みと叩くような引き、メバルと確信。いきなり良型のメバルをキャッチしました♪
もうここからは怒涛の釣果。同じパターンで良型連発!!!
中層も試しましたが釣れるもののサイズ小さく、良型はボトム周辺にいるような様子でした。
テトラが絡むポイントでボトムを攻めているので、外道で良型のカサゴもヒットと充実した釣行となりました!

今回使用したラインはPEラインのCAST−4。適度なハリコシで操作性も良く視認性も良いので、誰もがコントロールしやすいPEラインです。
ある程度の風ならCAST−4は武器になりますね!
自身の許容範囲を超える風でしたら、ポリエステルラインのルミナシャインを是非試してみてください!
メバルが良くなるこれからの時期、CAST−4ルミナシャインの使い分けでライトゲームの幅が広がりますよ♪
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る