釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ ドンペペACSが見事にはまったキス釣行  愛知県

RSS

ドンペペACSが見事にはまったキス釣行  愛知県

2017/11/08

名前
中村 實
釣果
キス  17〜22cm  30匹
釣行場所
愛知県渥美半島  大草海岸
日時
11月7日
フィッシングスタイル
投げ釣り
タックルデータ
竿
マスタライズキス  405 33号
リール
トーナメントサーフ Z45
道糸
ゴーセン 砂紋8ブレイド 0.5号 250m
    ドンペペACS1号
ちから糸
ゴーセン テクミーテーパーちから糸 0.6〜6号、1〜6号
モトス
ゴーセン アクアキングGP1.5号
ハリス
ゴーセン スーパーホンテロンGP0.8号
エサ
青イソメ  イシゴカイ
オモリ
自製27号
ハリ
投げキス 5号

コメント

11月7日、釣友からの情報を元に、渥美半島の大草海岸に釣行した。

最近のキス釣り状況は、10月前半の台風来襲以降芳しくなく、苦慮していたのが実情。
海岸到着は午前6時過ぎ。波は多少あるものの特に高くは無く、潮色も少しニゴリはあるが問題無さそうで安心。ルアーマンが多いが、投げ釣りの人は私達だけである。
駐車場から海岸線を見ると、左右の同じ距離くらいにワンドが見える。
海岸の右方向に人が多いので、左方向に歩を進め、最初は少し行った所で釣り開始。
潮は満潮前でパワーが有るので遠投した。
道糸の砂紋8ブレイドはスムーズに放出され、綺麗な放物線を描き7色付近に着水した。

友人は順調で2投でキス2匹を確保。私は1,2投はカラを引いたので、少し移動しそこでは海底の変化をキャッチ。リーリングをかなり遅くし、時々誘うと、ガッとアタリが入り、2投で5匹をキープ。
その後もパラパラと釣れるが同じ場所で連続で釣れず、全体的にはそんなには魚影の濃い感じはない。そんな時はキャストポイントを変えて広範囲に探るのがベターだ。
前日の話では、潮が下げになってからのほうが、食いがたったと聞いたので期待したが、反対に8時の満潮過ぎに、更に厳しくなってしまった。周りを見ると、左方向に空いている場所を発見し移動開始。
約300m程歩くと、沖瀬が4色付近にあり、手前も水深があり、かなり近場でキスが釣れそうな雰囲気。早速2〜3色を探るがキスからののアタリが無い。
同行のクラブ会長の鈴木さんと頭を悩ますが、しかし2人共遂にキスの居場所発見!。
なんと立ち位置から1色付近で、リールのハンドルを数周回すとオモリが陸に出てしまう所である。
キスの場所が判明すればこちらのもの。私は急いで道糸をセンチメートル単位で距離を把握出来る、「ドンペペACS」1号に変更!。
その後は連続でキスをキープし、キリ良く30匹になった所で納竿しました。

今回やっと回復傾向になったサーフでのキス釣り。
いよいよシーズンの終盤近い今、今後に期待したいと思います。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る