釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 砂紋8ブレイドでキス釣りをエンジョイ  静岡県

RSS

砂紋8ブレイドでキス釣りをエンジョイ  静岡県

2017/05/24

名前
小野山 太
釣果
シロギス17cm
釣行場所
静岡県富士市富士川河口
日時
5月21日
フィッシングスタイル
投げ釣り
タックルデータ
竿:ダイワ ハテラス 33号−405
リール:シマノ スーパーエアロXT
道糸:ゴーセン 砂紋8ブレイド0.5号200メートル 
力糸:ゴーセン テクミーテーパー力糸遠州 0.6号〜6.5号〜6号 13メートル
錘:自作天秤27号
モトス:ゴーセン アクアキングGP1.5号
ハリス:ゴーセン ホンテロン0.6号 フラッシュピンク
針:ゴーセン 湘南キス5号  6本針
餌:赤イソメ

コメント

5月21日に富士市の富士川河口にて投げ釣りを行った。

先週まではあまり釣果がなかったが、ここ数日で釣れる距離が近くなり、小さいサイズ中心に数が増えて釣れるようになったようだ。気温が上昇し、水温も上がってキスが活発化しているのだろう。期待し準備を進める。

砂紋8ブレイド0.5号を使用し、6本の針で6色ほど投げてゆっくりとさびいた。所々カケアガリや、砂から砂利に変わる所があり、そこを中心に攻めていく。2色と2つの黒マークが過ぎたあたりで「コッ」と小さなアタリが来た。そのままさびくと・・・「ブルブルブル」と強烈なアタリが来た。すぐに回収したが、キスは付いていなかった。おそらく、一度目のあたりで針に掛かり、二度目のあたりで強烈に暴れて針を外して逃げて行ったのだろう。また、この時期はあたりがあるが針に掛からないという場面が多い。警戒して餌を食べているのか、口先だけしか使わないキスが多い。喉の奥に針がかかることは少なく、総数も少ない為、あたりがあった場所に通してももうキスは居ないことが多い。ゆっくりと広くさびいて、キスが通るタイミングを外さないことが数を上げるコツだ!

数時間やってようやく、2色ちょい先で17センチくらいのキスを釣ることができたが、周りの釣り人は、22センチ交じりを10匹くらい釣っている人もいた。キス釣りシーズンの到来と言えるだろう。これからが楽しみである。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る